DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターがDTMや宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

脱ダイアトニックコードで作曲の幅を広げる!!

こんにちは!

僕はロック畑の人間なのでほぼダイアトニックコードしか使っていなかったのですが、作曲の仕事をすると決めた時に曲のバリエーションに限界を感じダイアトニックコードを外す手法を勉強しました。

PUNKやROCK、簡単なJPOPでしたらダイアトニックコードにセブンスをたまに足すだけでなんとかなるのですが、R &BやJAZZよりのおしゃれな音楽なんかになるとダイアトニックを外す必要性が出てくると思います。

そこで今回はダイアトニックコードを外す手法を具体的にいくつかご紹介していきたいと思います。実際にコードを弾いてみて使えそうでしたらどんどん取り入れてみてください。

具体的なコード進行

1.F→Fm→C

Fmが外している部分になります。弾いてみるとわかると思いますがけっこうよくでてきます。こちらのコード進行を使うと、曲の終わりが壮大になります。Cのトニックに行く前にズッコケておくことで最後のCのおしまい感がすごく出ます。

2.C→E→F→G

EmをEにします。普通のコード進行の中でちょっと外すことで不思議と感情表現豊かないい感じの曲になります。スイカに塩をかけるとなぜか甘くなる感じに似てます。Eけっこうどこでも使えるので、自分の好きなコード進行に混ぜてみると面白いかもしれません!

3.C→C7→Am→G

Cmaj7をC7に変えます。このコード進行は、ベース音が下降して行くように弾くとかっこいいので、ベースをド、シ♭、ラ、ソと下げていくのがおすすめです。

4.F→G→G♯→A♯

後半の二つのコードが外れてます。種明かしをすると、後半から半音転調しているだけです。ディグリーコードで表すならⅣ→Ⅴ→Ⅳ→Ⅴです。グッと盛り上がるイメージがあるので、サビに入る前に入れると臨場感が出ます。その上サビでキーを戻しても違和感がありません。僕はよくロック系の音楽で使います。

5.Am→A♭dim→G→G♭dim

こちらも下降フレーズです。ベース音を半音ずつ下降させていくことで悲しい雰囲気が作り出せます。この手法は、逆にベース音を上げていってもいいですし、どこのコードから始めてもいいのでぜひ色々試してみて欲しいです。僕はサビの2回し目の頭などで変化をつけるのに使うことが多いです。けっこう破壊力があるので曲にパンチを効かせたい時におすすめです!

 

脱ダイアトニックコードの極意!!

他にも色々な具体例がありますが、脱ダイアトニックは、そもそもルールから外れることで効果を出すものなので基本的に外し方は自由です!自分で好きな飛び出し方を探すのが作曲の幅を広げるのに1番の近道になると思います。そこで、脱ダイアトニックのコツをいくつかご紹介してみます。

1.メジャーとマイナーをひっくり返せ!!

これ、ほんとどこでもできます!試しにいろんなところでメジャーとマイナーを反転させてみてください。面白い効果が出ます!

2.クリシェをガンガン入れてみよ!!

クリシェとは、ベース音が半音ずつ下がっていったり、トップの音が半音ずつ上がっていく手法です。これをたまに入れてみることで、コードの名称を意識せずとも半音ずらすだけでおしゃれに外せます。試しにCを弾きながら、トップのソの音だけを半音ずつ上げてみてください。(ソ→ソ♯→ラ)どんどんテンションが上がっていって

ばかっぽくなります。

f:id:takuroq:20180919234821p:plain

3.転調しまくれーい!!

転調しまくってコードをどんどん外していきます。AメロBメロの単位で転調するとワールドミュージックっぽくなりますし、部分的に転調すると菅野よう子みたいな高度な曲を作れるようになります。(センス必須、僕はわりとめちゃくちゃになります。)

まとめ

いかがでしたでしょうか?似たような曲ばかりできてしまうとお悩みの方は、この記事を参考にしてくれたら幸いです。

 

作詞のコツと初心者が陥りがちなNGパターン例

今回は作詞について書いていきたいと思います。

歌詞に関するところだと、自分の曲の歌詞やコンペ用の仮歌詞の制作、歌詞や仮歌詞の提供、歌詞は作ったものの曲が作れないという方の楽曲制作などを行なっています。

その中で 「作詞にとにかく時間がかかってしまう。」「歌詞を作り始めたのはいいけど上手くまとまらない!」という声があったので、自分なりの歌詞の作り方をまとめていきたいと思います。

f:id:takuroq:20180910092129j:plain

 

もくじ

 

作詞のコツ

  

テーマを決める

テーマは最初に決めた方が作りやすいです。どんな歌詞作ろうかな?となった時にまずテーマを決めましょう。曲が先にある場合には、まず聴いてみると思いつきやすいかもしれません。

 

テーマの例

恋愛(片思い、失恋、ハッピーな恋愛ソングなど)

友情

卒業

応援歌(夢、人生など)

季節(夏を楽しんじゃえ!など)

物や場所(東京、雪だるま、ケーキなど)

アニソン(戦う、守る、ファンタジーなど)

物語

 

テイストを決める

テーマや歌う人、聴き手、歌詞の主人公(僕だったらどんな人物なのか)などに合わせてテイストを選びます。

 

例えば、「ずっと一緒にいたい」ということを歌詞にするとしたら

 

アイドルなら明るく可愛い感じに

 ずっとずっとずっとずーっと一緒にいたい

 

正統派アーティストなら綺麗に

 いつまでも二人歩いていこう

 

キャラソンならそのキャラクターっぽく

 いつだって一緒にいたいんだもん!

 

内気な主人公なら頼りない感じで

 ずっと一緒にいたかったけど

 

みたいな感じでテイストに沿って作っていくと良いと思います。

 

サビに伝えたいことを盛り込む

 

サビや曲の最後でそのテーマで一番伝えたいことを持ってきます。

 

ずっと言えなかったけど、君のことが好きです!

 

みたいなことです。 やはりサビは曲の中で一番盛り上がる箇所なので、Aメロ・Bメロをサビの前置きとして作って「サビでそのテーマで伝えたいことを全開に出していく」というパターンが作りやすいと思います。

 

最初から出してしまうとサビで書くことがなくなって行き詰まってしまったり、同じことの繰り返しになってしまうことが多いです。

  

 

サビにパッとするワードを盛り込む

テンション上がりそうなワードを入れるとサビっぽいです。 

意味だけでなく言葉のリズムや響きだったり、テーマを総括するようなワードだったりを盛り込みます。このあたりがタイトルにも使えたりします。

 

恋は◯◯(テーマを総括するようなワード)

HEY!HEY! (繰り返すことでノリが出てくるワード)

 

こういうワードはなくてもいいのですが、あった方がパッとします。サビだなーと伝わりやすいです。

 

初心者が陥りがちなNGパターン例

f:id:takuroq:20191125010005j:plain

 

これを書いていて思うのが、

全てにおいて意図してやっているのなら問題にならないということです。

考えずに作ったらこうなってしまったというNGパターンが多いです。

 

譜割りが不自然

変なところに字数が多かったり、フレーズと歌詞の区切りがあっていなかったりすると不自然に聞こえてしまいます。歌ってみるとわかりやすいです。

 

言葉選びが不自然

そのままの意味です。たどたどしいというか、なんか引っかかることがあります。

  

例)同じ言葉を続けて使う

◯◯さ、◯◯よね、◯◯よ など字数合わせにも感じられるワードが多々使われている(意図せずに使いすぎると不自然になってきます)

統一されていれば不自然さはないです。

 

同じことが言葉を変えて何度も出てくる

さっき書いたこととかぶるのですが、

Aメロ・Bメロで伝えたいことを書き過ぎて、サビでも結局言葉は違うけど同じことを書いてしまうパターンです。 

 

Aメロ 君を好きになった

Bメロ やっぱり君が好きだと実感

サビ      ずっと言えなかったけど、君が好きです!

 

聴き手「それさっきも聞いたよ!!」となります。

 

流れとしては、以下のような感じだといいのかなーと思います。ありがちだけど。

 

Aメロ 君と僕は友達

Bメロ 君が好きだと気付いたけど、関係が壊れるのが怖い

サビ      ずっと言えなかったけど、君が好きです!

 

 

伝えたいことがわからない

なんとなくダラダラと長いけど伝えたいことがわからない歌詞、カッコいい言葉やノリでキーワードを羅列している歌詞、最初と最後で矛盾している歌詞など。

 

曲の構成を想定していない

自作の歌詞を曲にしてほしいというご依頼で実際にあるパターンです。

字数がばらばらすぎて普通の楽曲の構成に当てはめられないことがあります。

 

普通の曲の構成

 

1番

 Aメロ

 Bメロ

 サビ

2番

 Aメロ

 Bメロ

 サビ

 

 Cメロ

 

 サビ

 サビ

 

「そんなのわかってるよ!」という方もいらっしゃると思いますが、なんとなくで作詞されている方が意外と多いのも事実です。

 

1番と2番で字数を合わせていない

1番と2番はメロディーが同じで歌詞だけ違うパターンがほとんどだと思います。しかし、曲の構成を意識せずなんとなくで作ると1番と2番で「どうやっても同じメロディーに合わない!」という事態がおきます。

 

こうなると歌詩を修正するか、1番と2番でメロディーを全く別のものをつけるかになってきます。

 

大体で良いので字数を合わせたり、自分で仮のメロディーを作ってそこに当てはめていくと作りやすいです。

 

曲のタイトルになるようなキャッチーなワードが入っていない

 

ほとんどの曲はサビやサビ終わりなどに曲のタイトルになるワードが入っています。

それがないので、なんとなく曲が終わっていく曲の印象が薄いイメージになります。

 

長くなってしまったので、次回は歌詞の制作スピード・クオリティアップの方法について書こうと思います。

 

 

 

  

スポンサーリンク