DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターがDTMや宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

録音関係

【初心者向け】ボーカルレコーディングの方法ときれいに録音するコツ

ボーカルは曲の主役となる一番大事なレコーディングです。この記事では初心者向けのボーカルレコーディングのやり方と、きれいに録るコツ、また効果的なエフェクトの使い方をご紹介します。 ボーカルレコーディングのやり方 1.用意するもの まずレコーディン…

アコギをきれいな音で録音する方法

アコースティックギターはMIDIで打ち込むより実際に弾いた方が良い効果が得られます。音色がリアルになることはもちろん、細かいタメなど人間味のある演奏がよりいっそうリアルな音を感じさせてくれるんです。 そしてMIDIギターの打ち込みはかなり面倒です。…

ギターのボディ材のよる音の違いについて

こんにちは。 本日はDTMとはあまり関わりがありませんが、ギターのボディー材による音の違いや、それと似た様な事柄について書きたいと思います。 楽器の材質等による音の違いについて 高級な楽器になればなるほど、どこ産のなんとかという珍しい木材や、長…

生音録音のススメ⑨コンデンサーマイクについて

こんにちは。 コンデンサーマイクについては以前の記事でざっくりと紹介させていただきました。実は僕も技術的な部分に関しては良くわからないのですが、要するにシャリシャリとした高音を拾うのが得意で、使うのにはファンタム電源というものが必要になる、…

生音録音のススメ⑧低音録音用のダイナミックマイク

こんにちは。 前回は中音域用のダイナミックマイクに関して書きました。折角なので低音用についても少し詳しく書きたいと思います。 低音録音用のダイナミックマイク これはまあ説明不要かと思いますが、低音楽器の音を拾う為のマイクです。技術的なことは正…

生音録音のススメ⑦中域用のダイナミックマイク

こんにちは。 この前の記事でご紹介したダイナミックマイクについてもう少し詳しくお話ししていきます。 中域用と低音用 この前の記事でも書きましたが、ダイナミックマイクの特徴はシンプルな構造故の丈夫さと、かなり大きな音でも拾うことができる点です。…

生音録音のススメ⑥マイクの種類

こんにちは。 録音といえば、やはりマイク選びにはこだわりたいところです。全ての音を完璧に録音できる万能マイクというものは存在せず、録音したい音に合わせた最適なマイク選びが大切になってきます。 今回は、録音といったらコレという存在であるマイク…

生音録音のススメ⑤位相について

こんにちは。 今回はマイクをセッティングする上で必ず頭に入れて置きたい、位相に関してお話しさせて頂きます。 位相とは? 位相とは、簡単に言えば音の向きです。音はプラス側の振動とマイナス側の振動を繰り返して音として認識されています。そのプラス側…

生音録音のススメ④オンマイクとオフマイクについて

こんにちは。 今回は知っているだけで生音録音における音作りの幅がぐっと広がる、オンマイクとオフマイクについてお話しさせて頂きます。 オンマイク?オフマイク? オンマイクやらオフマイクという言葉は普段の生活の中ではあまり出てこない言葉なので馴染…

生音録音のススメ③ドラマー必見!ハンディレコーダーでのドラム録音を侮るべからず

こんにちは。 今回はコンパクトなボディで非常に持ち運びがしやすいハンディレコーダーについてご紹介させていただきます。 ハンディレコーダーとは ハンディレコーダーとは以前の記事でご紹介させていただいたリニアPCMレコーダーのボディがよりコンパクト…

生音録音のススメ② 録音機器について

こんにちは。 いざ生音を録音しようと思った時に真っ先に必要になるのは録音機器です。これが無いことには始まりません。今日は録音をする上で絶対に欠かせない録音機器についてお話ししたいと思います。 まず初めに これから様々な録音機器を紹介していきま…

生音録音のススメ①楽曲制作はDIY精神が大事

こんにちは。 今回はDTMにおける生音録音に関してお話しさせていただきます! 生音録音って? そもそも生音録音(なまおとろくおん)って?と思う方が多いと思います。そういう言葉が正式にあるかどうかは分かりませんが、とりあえず生音をマイクを使って録…

スポンサーリンク