読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターが初心者向けにDTM・宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

超リアル!!おすすめのオーケストラ音源!!

クラシック

こんにちは!

今日は僕のおすすめのオーケストラ音源(プラグイン)をご紹介します。選び方のコツはサンプルをよく聴くことと、どんな音色が入っているのかをしっかり把握することです。

 

自分の曲を客観的に見て、どんな音をリアルにしたらかっこよくなるのかを考えて購入することが失敗しない秘訣です。

 

それではご紹介していきます!!

(価格は前後するので商品画像をクリックしてご確認下さい。)

 

【おすすめオーケストラ音源】

1.Symphonic Orchestra Platinum complete

◆EASTWEST EW/QL Symphonic Orchestra PLAY Edition Platinum Complete 『並行輸入品』 EW-178

これ1台あればオーケストラ音源に困ることはないでしょう。PANの振り分けから音量まで全てが調節されているので、重ねて打ち込むだけで相当リアルなオーケストラを作ることができます。

 

このシリーズは

・Platinum plus 

・Platinum   

・Gold               

・Silver

の4タイプが発売されています。

価格が少々貼るのでちょっと手が届かない方はGoldでも十分おすすめです。個人的にSilverはあまりオススメしません。音色の数や質を見ても、Goldからグッとリアルなサウンドに近づきます。


EWQL Symphonic Orchestra Platinum edition - "Landscape's moods"

 

2.Holly wood orchestra

◆最新版◆EASTWEST HOLLYWOOD STRINGS Diamond Edition Windows版 『並行輸入品』

オーケストラ音源の中でも最高峰と言われるプラグインです。値段がかなり張るので手が出づらいのが正直なところ。現在の映画音楽にも使われるほどリアルな音像なのでお金に余裕がある人はぜひこちらの商品をおすすめします!!


COMPARE : Eastwest Hollywood Orchestral vs EWQL symphonic orchestra

 

・Hollywood Strings

・Hollywood Brass

・Hollywood Percussion

・Hollywood Woodwinds

の4つがそれぞれダイアモンドとゴールドに分かれています。サンプルを聴いていただけると分かる通りめちゃくちゃかっこいいです!!

 

これから作曲家を目指す人なんかは最強の武器になると思います!!

 

【まとめ】

他にもかっこいい音源はたくさんありますが、できれば3万円以上のものを選ぶことをおすすめします。それ以下の音源ですと、もともとDAWソフトに入っている音源で間に合わせられるレベルのものが多い為です。(リアルに打ち込む技術は必要です。)

 

オーケストラ音源でドカッと感動したい人は良い音源を使ってワクワクしてみるのも良いと思います☆

 

それでは!!

 

スポンサーリンク