読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターが初心者向けにDTM・宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

今更聞けない!コンプレッサーの使い方

f:id:takuroq:20170414231455p:plain

 

こんにちは。

今回はコンプレッサーの使い方や役割に関して、少し詳しく解説させていただきます。

 

コンプレッサーとは

コンプレッサーは、大きすぎる音量を自動で抑えて音量の落差を少なくしてくれるエフェクトです。恐らく、世に出回っている音楽のほとんどに使われています。

以前の記事でもご紹介しましたが、録音時にこれを使うのと使わないのでは、最終的な音質にかなりの違いが出ます。

ギター用やベース用のコンパクトエフェクターとして使われているものと基本的には同じものですが、今回お話するのはラック式のつまみが多いタイプや、DAWソフト内のプラグインとして搭載されているものに関してです。

 

ベース用コンプレッサーのよもやま話

 

ついでに、「コンプレッサーを使うと下手になる」というような事を言っている楽器の演奏者の方(特にベーシスト)が良くいらっしゃいますが、そんな事はありません。コンプを使おうが使わなかろうが、下手な人は下手ですし、コンプを使っていたせいで下手になったという話も聞いた事がありません。

音の高低差を無くす → 音の強弱がなくなる → 下手になりそう というなんとなくな見解が世に広まったのでしょう。音量が一定になったとしても音の強弱が無くなる訳ではないです。

 

コンプを使うと演奏が多少上手く聞こえる事は確かですので、下手なベーシストの方々にこそ是非ライブで使っていただきたい。下手なベーシストに「コンプ使うと下手になる」とか言いながら下手な演奏を聴かされる身にもなっていただきたい。

 

あと、スラップをやる場合は必ずコンプを使いましょう。通常のピッキングや指引きと比べるとスラップはかなりの音量が出るので、場合によってはPAさんの手間を増やしてしまいます。

 

コンプレッサーの各パラメーターの役割について

それでは早速コンプレッサーの主なパラメーターの役割について解説させていただきます。

 

スレッショルド

スレッショルドはコンプがかかり始める音量を設定できるパラメーターです。

スレッショルドが低ければ低いほど小さな音量から音の圧縮が始まり、高ければ高いほど大きな音量でしか音の圧縮は行われません。スレッショルドをあげすぎると、コンプが全くかからないという事もあり得ます。

ほとんどのラック式コンプやプラグインのコンプレッサーにはリダクションメーターという、どれくらいの音の圧縮が行われたか視覚的に分かりやすく表示されるメーターが搭載されていますので、それを見ながら抑えたい音が鳴った時にだけコンプがかかるように調節しましょう。

 

レシオ

これは、スレッショルドで設定した音量を超えた場合に、その音をどのくらい小さくするか決めるパラメーターです。上げれば上げるほどコンプの効きが強くなっていくものだと思っていただければ大丈夫です。勿論スレッショルドで設定した音量を超えなかった場合には何も起きません。

プラグインのコンプレッサーには分かりやすいグラフで表示されている事が多く、つまみを動かすとグラフも連動して動くのでイメージが湧きやすいです。

 

アタック

アタックは、スレッショルドで設定した音量を超えた場合にどのくらいの早さで音の圧縮を始めるか設定するパラメーターです。打楽器などの音の高低差が激しい楽器ではない場合、違いの分かりづらい部類のつまみですが、とりあえず迷ったら最速にしておけば良いと思います。最速にしてみて違和感があれば少しずつ遅くしていけば良いでしょう。

プラグインエフェクトの場合は早くしすぎると音が歪む事があります。その場合な僅かにでも遅くすれば解決します。

 

リリース

これは圧縮された音を元の音量に戻すまでの時間を設定するパラメーターです。

こちらも最初は最短に設定しておけば良いと思います。プラグインの場合はアタックと同じく最短に設定すると音が歪む場合があるので、その場合な少しだけ長くすれば解決します。

打楽器やスラップベースなどの音の高低差の激しい楽器の音にかける場合は、このパラメーターによって大きく音が変わります。曲のテンポにもよって最適な値は変わりますが、音の粒立ちに大きく影響を及ぼしますので、実際にやってみて違いを確かめてみる事をお勧めします!

 

まとめ

コンプレッサーのつまみの役割に関しては少し小難しそうなイメージがありますが、そんな事はありません。

リダクションメーターを見ながらスレッショルドとレシオを設定、アタックは基本は最速、リリースも基本は最短でOKだが打楽器の場合はテンポによって調節、と言った感じです。特にアタックとリリースに関しては効果が分かりづらい場合があるので、迷ったらとりあえず最速最短にしときましょう。

 

それでは!

スポンサーリンク