DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターがDTMや宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

初めてアコースティックギターを買う時の選び方と注意点

f:id:takuroq:20170805000838j:plain

アコギを始めようと思っているけどどれを選んだらいいのか分からない方へ、アコースティックギターについての基本的な知識や、いくらぐらいのものを買えばいいのか、また購入する際に失敗しないための注意点などをご紹介します。

アコースティックギタークラシックギター

楽器屋さんに入ってアコギコーナーに行くと、似て否なる2種類のギターが展示されていることに気がつくと思います。

アコースティックギター

YAMAHA F-310P NAT 小物セット付き アコースティックギター

アコースティックギターはスチール弦という鉄の弦が貼られています。

弾き語りをしたり、ソロギターを弾いたりするのはアコースティックギターです。バンドなどで演奏するのもこっち。だいたいの人がアコースティックギターを選びます。

クラシックギター

VALENCIA クラシックギター 4/4サイズ VC204 ナチュラル

通称ガットギター。名前の通り、クラシックを演奏する時はクラシックギターを使います。アコギと違いナイロン弦を使用するので押さえるのにあまり力が入りません。また、クラシックギターはネックを握らずに指を立てて弾くスタイルをとるため、アコースティックギターに比べてネックがかなり太くできています。

ただし、クラシックをやらない場合でもクラシックギターを買うケースもあります。アコギに比べて音色が柔らかく、押さえやすいので独特の魅力があるんです。

ギターの形を選ぼう

クラシックギターはほとんど同じ形をしていますが、アコースティックギターには色々な形があります。

ヤマハ アコースティックギター FS830

ギターのくびれの溝が深く、小さめのタイプです。女性や子どもなど、小柄な人はこちらを選ぶことが多いです。

ちなみに僕は男ですがこちらの小さめのタイプを使っています。体にすんなり収まるので弾きやすいんです。

2.ドレッドノートタイプ

ヤマハ アコースティックギター FG SERIES ナチュラル FG830

くびれが浅く、箱が大きいのがドレッドノートです。音も大きく、弾き語りなどピックでジャカジャカコードストロークをしたい人にはこちらがおすすめです。

余談ですが僕は小柄な子がドレッドノートを使いこなしているのを見るとかっこいいなーとか思います。デカイ車を余裕で運転しちゃう子ってよくないですか?

最初はいくらぐらいのものを選べばいいの?

ギターは1万円の安いものから50万円する高級なものまで様々ですが、最初は少なくとも3万円以上はするものを買ったほうがいいでしょう。

1万円のギターは作りが荒いので、チューニングが狂いやすかったりネックが反っていたりすることが多いんです。

3万円ほどになると人の手が入念に加わるので作りが丁寧でおすすめです。

特に初心者の場合、安いギターは弾きにくいので上達の妨げになりますし、何より音が悪いので結局1年持たずして買い換えるハメになります。

続ける意志が強い人はしっかりしたものを選びましょう。

アコギを買う注意点

1.エレアコが必要なのか検討しておく

エレアコとはアコギの中にマイクが内蔵されていて、アンプに繋いで大音量を出せるギターです。『エレアコじゃないとダメ!』なんてサークルや部活動もあるので、事前に確認しておくといいと思います。

2.インターネットで買わない。

アコースティックギターは個体差が激しいので、楽器屋さんに足を運んで実際に触ってから購入しましょう。ずっと使う大切な相棒なので、しっかり目で見て触ることが大事です。

3.チューナーを忘れずに!

弦楽器は弦が伸縮するのでチューニングが狂いやすいです。そのためギター用のチューナーは必須になります。忘れずに買っておきましょう。

おすすめのチューナーはこちら↓

ギターのヘッドに挟むだけで簡単にチューニングができます。特にこのチューナーは画面が大きく見やすいのでお気に入りです。 

 

スポンサーリンク