DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターが初心者向けにDTM・宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

ベタ打ちを克服する方法5選。素人感をなくそう!

曲を作れる様になって最初にぶつかる壁が、

『なんだかプロの曲と比べるとしょぼく聞こえる』

ってところだと思います。

f:id:takuroq:20170313102058j:plain

打ち込み方やミックス、使っている音色などなど様々な要因が考えられますが、1番の原因はベタ打ちです。ベタ打ちを卒業すれば曲にリアルさを求められるだけでなく、自分の作った曲をかっこよく聞かせられるようになります。

この記事では、主にベタ打ちを克服する方法をご紹介します。

ベタ打ちとは

ベタ打ちとは、テンポや音の強弱を一定にすることで機械が楽器を演奏しているような印象を残す打ち込み方をいいます。テクノなどの電子音楽では問題視されませんが、バンドサウンドやオーケストレーションなど、リアルな音作りを主体とした音楽では素人っぽくなってしまう点であまりよろしくないのです。ベタ打ちを克服して、もっと自分の曲をかっこよくしましょう!

ベタ打ちの具体的な克服方法

1.テンポを揺らす。

f:id:takuroq:20170313102144j:plain

曲全体のテンポを微妙に揺らすことで、リアル感を出すことができます。例えばバンドのライブCDがすごくかっこよく聞こえたりするのは、ドラムが走ったりもたったりするためです。盛り上がる時にスピードをあげたり、どっしりと聞かせたい時にもたったり、、、こういった感情をテンポで表現すると音楽が生き生きしてきます!通常テンポの+5から−5ぐらいを目安にどんどんテンポを揺らして見ましょう。

2.ベロシティをフル活用する。

f:id:takuroq:20170207175946j:plain

ベロシティが一定の曲は抑揚がなくリアルさを失う原因になります。強く弾くところは強く、弱く弾くところは弱くするメリハリをつけましょう。特にドラムなどの打楽器は要注意です。強調したい拍とそうではない拍のベロシティを調節してアクセントをしっかりつけましょう。それだけで曲の勢いがかなり増します。

3.生音を1つは入れよう。

f:id:takuroq:20170313102244j:plain

できれば生音を1つは混ぜるようにしましょう。例えばクワイアコーラスに、下手でも構わないので薄く自分の声を混ぜてみて下さい。シンセのクワイアが一気に本物っぽい声に変わります。楽器を弾ける人は、なるべく曲の中で録音をすることをおすすめします。特に弾けるものがない人は生音のループ音源を使うのもありです☆料理の隠し味みたいなものなので、ぜひ活用してみて下さい。

4.コンプをかけすぎない

音圧を上げたい一心でコンプを強くかける人がいますが、実は逆効果です。音の抑揚がなくなる分、ダイナミクスさに欠けるため薄っぺらい音圧になってしまいます。コンプは適度にかけましょう。必要以上に音の粒を揃える必要はありません。トラックが少しぐらいクリップしても音さえ割れてなければOKです。

5.細かく打ちこむ

f:id:takuroq:20170207160135j:plain

一度曲ができたら、上述したような点を踏まえて修正を加えて行きましょう。これをブラッシュアップといいます。ブラッシュアップをうまくやるコツは、曲の細部まで自分の感情を表現することです。ほんの1秒ほどのフィルインなどにも時間をかけてこだわりを見せましょう。そういった姿勢がどんどん曲をリアルにかっこよくしていきます。

 

それでは☆

 

生音録音のススメ⑨コンデンサーマイクについて

f:id:takuroq:20170417063525j:plain

こんにちは。

コンデンサーマイクについては以前の記事でざっくりと紹介させていただきました。実は僕も技術的な部分に関しては良くわからないのですが、要するにシャリシャリとした高音を拾うのが得意で、使うのにはファンタム電源というものが必要になる、繊細なマイクのことです。

今回は具体的なコンデンサーマイクの使い方をいくつか紹介させて頂きます。

 

使用例

オンマイクでの使用

※オンマイクとは録りたい音の出る場所のすぐ近くにマイクをセッティングすることを言います。壁から反響してくる残響音をなるべく拾わない、クリアなサウンドを拾う事ができます。

 

ボーカル、アコースティックギター、ピアノ等

ボーカルや生楽器の録音にはコンデンサーマイクが非常によく使われます。コンデンサーマイクは大きい音の入力が苦手(下手をすると壊れる)なので太鼓などの打楽器のような音量が大きい楽器でない限りは出来るだけコンデンサーマイクを使います。

以前の記事でも書いたように、音作りとして敢えてダイナミックマイクでボーカルを録音するような機会もあるにはありますが、基本的にはコンデンサーです。

ついでに、ピアノを録音する場合にはステレオで録る事がほとんどなので、同じコンデンサーマイクが2本必要になります。ほとんどのハンディレコーダーには本体にステレオのコンデンサーマイクが搭載されていますので、気軽にピアノの音を録音したい場合にはオススメです(ただしセッティングに気をつけないとステレオの意味が全く無くなります。その辺に関してはまた後日…)。

 

オフマイクでの使用

※オフマイクとは、録りたい音と距離を離してマイクをセッティングする事を言います。オンマイクと違い壁から跳ね返ってきた音がよく拾えるので、部屋の広さや形によっても音が変わります。

 

アンビエンスマイクとしての使用

アンビエンスマイクとして使う場合にはほとんどの場合はコンデンサーマイクが使われます。アンビエンスマイクというのは、ほとんどオフマイクと同義なのですが、部屋全体の響きを拾えるような位置にセッティングしたマイクの事です。

オンマイクで拾うはっきりとしてクリアな音に対して、やや輪郭のぼやけたような音を拾う事ができます。オンマイクの音に少しだけブレンドするような使い方でアンビエンスマイクの音を入れると、音にグッと臨場感が出ます。あらゆる楽器の録音で使う事ができるので、色々と試してみると面白いです。

 

まとめ

コンデンサーマイクはほとんどの楽器の音を録る事ができますので、持っておいて全く損はないと思います。何十万円もするような高級なものを買う必要はありません。そういうものは個人で持つようなモノでは無いです。

アンビエンスマイクはステレオで立てる事が多いので、欲を言えば同じものが2本欲しいところです(笑)

 

それでは!

  

自宅で作曲をして簡単にお金を稼ぐ方法!!

こんにちは!今日は自宅で作曲をしながらお金を稼ぐ方法をご紹介します。作曲できる人は意外に少ないので稼ぐ方法さえ分かれば立派な収入になります。自分の特技を活かしてお小遣いをもらいましょう!

この記事では、主に自分の足で営業にいかず、自宅で簡単に稼ぐことのできるツールをご紹介します。

 

f:id:takuroq:20170310232934j:plain

1.DOVA-SYNDROM

http://dova-s.jp/

フリーのBGMを配布しているサイトです。審査はありますが、そこまで厳しくはないのである程度曲が作れる人は登録してみて下さい。

このサイトでは、自分の曲に広告を貼ることができます。基本的にはグーグルアドセンスなどの広告収入がメインになりますが、曲の良し悪しで有料で取引をすることもできます。

半端に作った曲を量産するより、質のいいものを上げていった方が確実に稼げます。腕試しにもいいのでぜひお試しください。

2.ココナラ

https://coconala.com/

提案型のクラウドソーシングです。料金を設定して楽曲製作の依頼を受けることができます。ココナラの最大のメリットは集客力です。広告をたくさん出している有名サイトなので、質のいいサンプル音源をのせておけばけっこう依頼がきたりします。デメリットは販売手数料が高い点。販売価格の25%をもっていかれるので、そのあたりも考慮した価格設定をしましょう。

3.ニコニ・コモンズ

https://commons.nicovideo.jp/

自分の作ったbgmや効果音などを動画製作者が使うことで収益が発生します。ただし、動画を作った人が作品登録を行わないと収益にならないので、制作意欲の強い人向けのコンテンツになる様、クオリティーの高いものを用意しましょう。

4.オーディオストック

https://audiostock.jp/

オーディオストックは、実際に自分の登録した曲を売ることができるサイトです。一曲の単価は500円ほどしかありませんが、同じ曲を何度も売ることができます。一度曲を作れば勝手に曲がお金を稼いでくれるので、曲のストックがたくさんある方は登録しておくとお得です!

オーディオストックでは、動画やゲームのクリエイターさんがよく集まります。ただ曲を作るのではなく、そういったクリエイターさんの目線で曲作りをすることが大切です。

実際にどの程度稼げるのか

f:id:takuroq:20170310233239j:plain

個人的にいろいろ試してみましたが、この中ではココナラが一番稼げます。調子がいい時で月に10万前後くらいです。リピーターを増やせるのが最大のメリットですね。オーディオストックは月に5000円前後、ニコニ・コモンズは2000円ほどです。曲の登録数が14曲なので、もっと曲を量産すればもう少しまともな稼ぎになるかなーという印象です。DOVA-SYNDROMはまだ試していないので、稼げるようでしたらまたレビューしてみたいと思います!!

これらのサイトで収益を上げていく方法は、曲のクオリティーを上げることに尽きます。幅広くたくさんのジャンルの曲をかける様になることも大切ですが、それよりも得意ジャンルのクオリティーを上げていきましょう。個人的な経験から、その方が楽しいし稼げるかなと思います。

 

それでは!!

 

スポンサーリンク