読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターが初心者向けにDTM・宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

ベタ打ちを克服する方法5選。素人感をなくそう!

作曲入門

曲を作れる様になって最初にぶつかる壁が、

『なんだかプロの曲と比べるとしょぼく聞こえる』

ってところだと思います。

f:id:takuroq:20170313102058j:plain

打ち込み方やミックス、使っている音色などなど様々な要因が考えられますが、1番の原因はベタ打ちです。ベタ打ちを卒業すれば曲にリアルさを求められるだけでなく、自分の作った曲をかっこよく聞かせられるようになります。

この記事では、主にベタ打ちを克服する方法をご紹介します。

ベタ打ちとは

ベタ打ちとは、テンポや音の強弱を一定にすることで機械が楽器を演奏しているような印象を残す打ち込み方をいいます。テクノなどの電子音楽では問題視されませんが、バンドサウンドやオーケストレーションなど、リアルな音作りを主体とした音楽では素人っぽくなってしまう点であまりよろしくないのです。ベタ打ちを克服して、もっと自分の曲をかっこよくしましょう!

ベタ打ちの具体的な克服方法

1.テンポを揺らす。

f:id:takuroq:20170313102144j:plain

曲全体のテンポを微妙に揺らすことで、リアル感を出すことができます。例えばバンドのライブCDがすごくかっこよく聞こえたりするのは、ドラムが走ったりもたったりするためです。盛り上がる時にスピードをあげたり、どっしりと聞かせたい時にもたったり、、、こういった感情をテンポで表現すると音楽が生き生きしてきます!通常テンポの+5から−5ぐらいを目安にどんどんテンポを揺らして見ましょう。

2.ベロシティをフル活用する。

f:id:takuroq:20170207175946j:plain

ベロシティが一定の曲は抑揚がなくリアルさを失う原因になります。強く弾くところは強く、弱く弾くところは弱くするメリハリをつけましょう。特にドラムなどの打楽器は要注意です。強調したい拍とそうではない拍のベロシティを調節してアクセントをしっかりつけましょう。それだけで曲の勢いがかなり増します。

3.生音を1つは入れよう。

f:id:takuroq:20170313102244j:plain

できれば生音を1つは混ぜるようにしましょう。例えばクワイアコーラスに、下手でも構わないので薄く自分の声を混ぜてみて下さい。シンセのクワイアが一気に本物っぽい声に変わります。楽器を弾ける人は、なるべく曲の中で録音をすることをおすすめします。特に弾けるものがない人は生音のループ音源を使うのもありです☆料理の隠し味みたいなものなので、ぜひ活用してみて下さい。

4.コンプをかけすぎない

音圧を上げたい一心でコンプを強くかける人がいますが、実は逆効果です。音の抑揚がなくなる分、ダイナミクスさに欠けるため薄っぺらい音圧になってしまいます。コンプは適度にかけましょう。必要以上に音の粒を揃える必要はありません。トラックが少しぐらいクリップしても音さえ割れてなければOKです。

5.細かく打ちこむ

f:id:takuroq:20170207160135j:plain

一度曲ができたら、上述したような点を踏まえて修正を加えて行きましょう。これをブラッシュアップといいます。ブラッシュアップをうまくやるコツは、曲の細部まで自分の感情を表現することです。ほんの1秒ほどのフィルインなどにも時間をかけてこだわりを見せましょう。そういった姿勢がどんどん曲をリアルにかっこよくしていきます。

 

それでは☆

 

生音録音のススメ⑨コンデンサーマイクについて

録音関係

こんにちは。

コンデンサーマイクについては以前の記事でざっくりと紹介させていただきました。実は僕も技術的な部分に関しては良くわからないのですが、要するにシャリシャリとした高音を拾うのが得意で、使うのにはファンタム電源というものが必要になる、繊細なマイクのことです。

今回は具体的なコンデンサーマイクの使い方をいくつか紹介させて頂きます。

 

使用例

オンマイクでの使用

※オンマイクとは録りたい音の出る場所のすぐ近くにマイクをセッティングすることを言います。壁から反響してくる残響音をなるべく拾わない、クリアなサウンドを拾う事ができます。

 

ボーカル、アコースティックギター、ピアノ等

ボーカルや生楽器の録音にはコンデンサーマイクが非常によく使われます。コンデンサーマイクは大きい音の入力が苦手(下手をすると壊れる)なので太鼓などの打楽器のような音量が大きい楽器でない限りは出来るだけコンデンサーマイクを使います。

以前の記事でも書いたように、音作りとして敢えてダイナミックマイクでボーカルを録音するような機会もあるにはありますが、基本的にはコンデンサーです。

ついでに、ピアノを録音する場合にはステレオで録る事がほとんどなので、同じコンデンサーマイクが2本必要になります。ほとんどのハンディレコーダーには本体にステレオのコンデンサーマイクが搭載されていますので、気軽にピアノの音を録音したい場合にはオススメです(ただしセッティングに気をつけないとステレオの意味が全く無くなります。その辺に関してはまた後日…)。

 

オフマイクでの使用

※オフマイクとは、録りたい音と距離を離してマイクをセッティングする事を言います。オンマイクと違い壁から跳ね返ってきた音がよく拾えるので、部屋の広さや形によっても音が変わります。

 

アンビエンスマイクとしての使用

アンビエンスマイクとして使う場合にはほとんどの場合はコンデンサーマイクが使われます。アンビエンスマイクというのは、ほとんどオフマイクと同義なのですが、部屋全体の響きを拾えるような位置にセッティングしたマイクの事です。

オンマイクで拾うはっきりとしてクリアな音に対して、やや輪郭のぼやけたような音を拾う事ができます。オンマイクの音に少しだけブレンドするような使い方でアンビエンスマイクの音を入れると、音にグッと臨場感が出ます。あらゆる楽器の録音で使う事ができるので、色々と試してみると面白いです。

 

まとめ

コンデンサーマイクはほとんどの楽器の音を録る事ができますので、持っておいて全く損はないと思います。何十万円もするような高級なものを買う必要はありません。そういうものは個人で持つようなモノでは無いです。

アンビエンスマイクはステレオで立てる事が多いので、欲を言えば同じものが2本欲しいところです(笑)

 

それでは!

 

 

 

 

自宅で作曲をして簡単にお金を稼ぐ方法!!

作曲で稼ぐ

こんにちは!今日は自宅で作曲をしながらお金を稼ぐ方法をご紹介します。作曲できる人は意外に少ないので稼ぐ方法さえ分かれば立派な収入になります。自分の特技を活かしてお小遣いをもらいましょう!

この記事では、主に自分の足で営業にいかず、自宅で簡単に稼ぐことのできるツールをご紹介します。

 

f:id:takuroq:20170310232934j:plain

1.DOVA-SYNDROM

http://dova-s.jp/

フリーのBGMを配布しているサイトです。審査はありますが、そこまで厳しくはないのである程度曲が作れる人は登録してみて下さい。

このサイトでは、自分の曲に広告を貼ることができます。基本的にはグーグルアドセンスなどの広告収入がメインになりますが、曲の良し悪しで有料で取引をすることもできます。

半端に作った曲を量産するより、質のいいものを上げていった方が確実に稼げます。腕試しにもいいのでぜひお試しください。

2.ココナラ

https://coconala.com/

提案型のクラウドソーシングです。料金を設定して楽曲製作の依頼を受けることができます。ココナラの最大のメリットは集客力です。広告をたくさん出している有名サイトなので、質のいいサンプル音源をのせておけばけっこう依頼がきたりします。デメリットは販売手数料が高い点。販売価格の25%をもっていかれるので、そのあたりも考慮した価格設定をしましょう。

3.ニコニ・コモンズ

https://commons.nicovideo.jp/

自分の作ったbgmや効果音などを動画製作者が使うことで収益が発生します。ただし、動画を作った人が作品登録を行わないと収益にならないので、制作意欲の強い人向けのコンテンツになる様、クオリティーの高いものを用意しましょう。

4.オーディオストック

https://audiostock.jp/

オーディオストックは、実際に自分の登録した曲を売ることができるサイトです。一曲の単価は500円ほどしかありませんが、同じ曲を何度も売ることができます。一度曲を作れば勝手に曲がお金を稼いでくれるので、曲のストックがたくさんある方は登録しておくとお得です!

オーディオストックでは、動画やゲームのクリエイターさんがよく集まります。ただ曲を作るのではなく、そういったクリエイターさんの目線で曲作りをすることが大切です。

実際にどの程度稼げるのか

f:id:takuroq:20170310233239j:plain

個人的にいろいろ試してみましたが、この中ではココナラが一番稼げます。調子がいい時で月に10万前後くらいです。リピーターを増やせるのが最大のメリットですね。オーディオストックは月に5000円前後、ニコニ・コモンズは2000円ほどです。曲の登録数が14曲なので、もっと曲を量産すればもう少しまともな稼ぎになるかなーという印象です。DOVA-SYNDROMはまだ試していないので、稼げるようでしたらまたレビューしてみたいと思います!!

これらのサイトで収益を上げていく方法は、曲のクオリティーを上げることに尽きます。幅広くたくさんのジャンルの曲をかける様になることも大切ですが、それよりも得意ジャンルのクオリティーを上げていきましょう。個人的な経験から、その方が楽しいし稼げるかなと思います。

 

それでは!!

 

生音録音のススメ⑧低音録音用のダイナミックマイク

録音関係

こんにちは。

前回は中音域用のダイナミックマイクに関して書きました。折角なので低音用についても少し詳しく書きたいと思います。

 

低音録音用のダイナミックマイク

これはまあ説明不要かと思いますが、低音楽器の音を拾う為のマイクです。技術的なことは正直良く分かりませんが、でかくてゴツいマイクが多いです。

代表的なものはエレクトロボイスのRE20やシュアーのBETA52A、ゼンハイザーのMD421などがあります(型番はちょっとうろ覚え…)。

RE20はいかにも低音がしっかり拾えそうなゴツい外見ですが、ラジオ等で使われることも良くあるそうで、結構オールマイティなマイクだったりします。ボーカルのレコーディングでも使えます。

 

SHURE(シュアー)BETA52A

 

【国内正規品】SHURE  ダイナミック マイクロフォン BETA52A

 

 

シュアーのBETA52Aに関しては本当に低音用のマイクと言った感じで、バスドラムやベースの録音用として考えておいた方が良さそうです。一度これでボーカルを録ろうと試みた事がありましたが、やはり得意な帯域以外は苦手なようです(具体的に言うと、ボーカルの帯域の感度が悪い為、その分プリアンプ側で音量を上げなければならず、ノイズが乗りやすい)。

 

SENNHEISERゼンハイザー)MD421

SENNHEISER MD 421-II ダイナミックマイク (ゼンハイザー)

ゼンハイザーのMD421は独特なシェイプが特徴のマイクで、通称クジラと呼ばれています。正直最初の何年かは正式な型名を知らなかったです。

性能の特徴としては、このMD421は純然たる低音用のマイクというよりは中低音用のマイクだという点です。タムやベースギターの録音に使われる事が多いです。バスドラム用のマイクとしても勿論使えなくは無いのですが、上記の2機種があればそれを使う方が賢明です。

僕はやったことは無いのですが、ボーカル用のマイクとして使われることもあるようです。個人的にはボーカルマイクとしてはダサいのであまりオススメはしませんが、音質面では全く問題はなさそうです。

 

まとめ

ダイナミックマイクを使う上で最も大事なのは、録りたい音に対して適切なマイク選びをすることです。ゴッパチやゴーナナでバスドラムの音を取ろうとしても、とてもチープな音になりますし(音作りとして敢えてやるというのであれば話は別。全トラックゴッパチのみで全力で高音質を目指すというのも面白いかもしれません。僕はそいういうのは好きです笑)、クジラでハイハットの音を取ろうとしても別の楽器の音のようになってしまうでしょう。

また、ダイナミックマイクコンデンサーマイクと組み合わせて使うと非常に効果的ですので、その辺に関してはまた次の機会に書きたいと思います。

 

それでは!

 

ツーファイブの裏技!!ダイアトニックコードを抜け出そう。

作曲入門

こんにちは。作曲を続けていると似た様な曲ばかりできてしまうことはありませんか?今日はそういったマンネリを脱するツーファイブを使った小技をご紹介します。

f:id:takuroq:20170309001230j:plain

ツーファイブって何?

f:id:takuroq:20170207160308j:plain

ツーファイブとは、ダイアトニックコードのⅡ→Ⅴの動きを指します。そのまんまですね。例えばキーがCの場合、Dm→Gがツーファイブの動きです。

なぜこの動きだけツーファイブなんて大それた名前が付いているのかといいますと、実はこのコードの動き、転調しながら繰り返すことができるんです。

コレだけ聞くとなんのこっちゃ分からないと思いますので、具体的にご説明します。

ツーファイブを繰り返して転調しよう!!

例えばキーがCの曲があったとして、Dm(Ⅱ)→G(Ⅴ)と動いたとします。この後はたいていC(Ⅰ)に戻りますが、このCをあえてⅡと見立てます。Ⅱの場合マイナーコードという決まりがあるので、Cm(Ⅱ)。そしてCmがⅡの時、ⅤはFになります。つなげてみると、、、

Dm(Ⅱ)→G(Ⅴ)→Cm(Ⅱ)→F(Ⅴ)

こんな感じになります。このツーファイブのコード進行を行うと、キーをスムーズにCからB♭に転調できるんです。

この理屈は、何回でも繰り返すことができるので、頑張れば1周回ってCのキーに戻ることもできます。ただしそこまで頑張ると逆にセンスが無いと思います。笑

JAZZでは鉄板!!

f:id:takuroq:20170301223351j:plain

少し話はそれますが、ジャズではツーファイブは鉄板ネタです。上述した様にキーを変える時に使うこともありますが、同じツーファイブの繰り返しだけでアドリブを回すこともザラです。実はこれには理由があります。

鍵盤でクローズコードを弾くと分かりやすいですが、ルート音を変えずにコードを変えることができるんです。このスムーズなコード進行の流れが音楽的にすごく心地いいんですよね。

積極的に取り入れよう!!

こういった転調を伴うコード進行は、自分の曲で何度も使うと耳が肥えてきます。転調が多い難しい曲も作れる様になるので、興味のある方はぜひ試してみて下さい。

余談ですが日本人だと菅野よう子がよく使ってたりします。彼女の曲は何回なコード進行が多いのでステップアップしたい方はコピーしてみると面白いですよ。そもそもコード以外のセンスも神がかってますが。。。

youtu.be

終わりに

作曲の幅に行き詰まっている人は、こういった理論の小技をちょくちょく挟んで行くと表現力が広がるのでおすすめです。ガチガチに音楽理論で作る曲は息が詰まるので、(特に作曲者側)理論は参考程度にうまく使っていくのがいいのかなと思います。この他にもいろいろな作曲の小技をちょくちょくご紹介していくので、暇な時にでも遊びに来て下さい☆

 

それでは!

 

 

生音録音のススメ⑦中域用のダイナミックマイク

こんにちは。

この前の記事でご紹介したダイナミックマイクについてもう少し詳しくお話ししていきます。

 

中域用と低音用

この前の記事でも書きましたが、ダイナミックマイクの特徴はシンプルな構造故の丈夫さと、かなり大きな音でも拾うことができる点です。また、録れる周波数の範囲が狭めなので、倍音が少なく比較的シンプルな音を拾うのに適しています。

ダイナミックマイクには大きく分けると中域を拾うのが得意なスタンダードなタイプと、低音楽器用のやや大きめのものの2種類があります。

 

スタンダードなダイナミックマイクSHURE SM58,SM57等)

 SM58に関しては恐らく誰でも一度は目にしたことがあると思います。世界的にも広く使われている超ど定番ボーカルマイクです。

SM57は少し変わった形をしたマイクで、エレキギターなどの楽器用として有名です。PVの中でボーカル用に立てて使用しているアーティストも見かけますが、恐らくレコーディングでは別のマイクを使っていると思われます。後で詳しく書きますが、本番のボーカルレコーディングでこれらのマイクが使われることは、そんなにないです。

 

これらのスタンダードなダイナミックマイク(仮に中域用マイクとします)が、どういった場面で使われることが多いかを書いていきます

 

まずは練習用やライブ用として良く使います。恐らくどこのリハーサルスタジオやライブハウスにもかなりの高確率でゴッパチ(SM58のこと)は置いてあります。世界中で使われている信頼性と簡単には壊れない耐久性ゆえのことです。

 

レコーディングにおいては、ゴッパチはあまり使うことは無いかもしれませんが、SM57はエレキギターやスネアドラムなどといった楽器で使うことが多いです。

 

ダイナミックマイクでのボーカルレコーディングについて

SM58は世界的に使われているボーカルマイクなのに何故レコーディングではゴッパチを使わないのかと疑問が湧きますが、それはSM58が世界的に使われている訳というのは音質が云々ということでは無いからです。勿論音質だけでいったらコンデンサーマイクの方が良いのですが、落下や転倒の危険が常にあるライブやリハーサルの現場に高価なコンデンサーマイクを持ち込むのはリスクが大きすぎますし、そもそもコンデンサーマイクはライブに適していません。

つまり、価格、耐久性、音質のバランスが取れていて、最高にちょうど良いマイク、それがSM58なのです。

 

例外があるとすれば、ロックやパンクなどのジャンルの場合ボーカルを敢えてダイナミックマイクでレコーディングする事があります。コンデンサーマイクで撮った綺麗で澄んだ音だとロックのオケに馴染まず、ボーカルの存在が浮いてしまう事があるからです。

とは言え、最近のロックは小綺麗な音作りがされている事が多く、ダイナミックマイクでなければ馴染まないサウンドというのはあまり作られていない気がしますが…

 

まとめ

ゴッパチやゴーナナなどのスタンダードなダイナミックマイクは、主にリハーサル

やライブで使われる事が多いですが、レコーディングにおいても楽器用のマイクとしてよく使われます。ゴッパチがボーカルマイクだからと言ってボーカルレコーディングに適している訳では無いですが、ジャンルによっては試してみる価値はあるかもしれません。

 

それでは!

感動するジャズアーティスト5選

ジャズ

こんにちは!!

今日は僕が個人的に感動したジャズアーティストを独断と偏見で5選紹介致します!!キーワードはかっこいいではなく感動でございます!!心揺さぶられたものだけをチョイスしましたので、興味ある方は遊んで行って下さい。

それではどうぞー☆

1.Bill Evans

ジャズピアニストといったらこの人!!ビルエバンスです。薬物中毒、兄弟の死など壮絶な人生を送った彼ならではの悲壮感が音になっていてとにかく泣けます。初めてWaltz For Debbyを聞いた時は衝撃でした。

youtu.be

2.Pat Metheny

ジャズというよりはフュージョンです。ジャズ界では新しいことを続ける革新的なギタリストとして高い評価を受けています。僕自身ギターを弾くので漠然と『かっこいいなあ』とか思ってたんですが、ハマると何度も聞きたくなる曲ばかりです。メロディが心地よくて感動するんです!!

またこのバンドの空間的な音の混ざり方がすごく気持ちがいいですね。こういった絶妙なサウンドメイクも脱帽です!!

youtu.be

3.Jaco Pastorius

ウェザーリポートという超ビッグバンドでプレイしていたベーシストです。彼のソロアルバム『ジャコパストリアスの肖像』で衝撃を受けました。ここまで歌えるベーシストは他にいないと思います。ハーモニクスの残響音がたまらないです!!

youtu.be

4.Miles Davis

ジャズ界の帝王と呼ばれているトランペット奏者です。時代に応じて様々な音楽性を魅せるだけでなく、無駄な音を省くといった音そのものへの情熱も持ち合わせた正真正銘の音楽家です。人種差別問題に強い嫌悪感を持ちながら、音楽に関しては白人でも良いものは良いとするところもかっこいいんです。

youtu.be

5.Tenorio Jr

youtu.be

ブラジルでサンバとジャズを融合した音楽の中心人物が彼です。情熱的なサンバのリズムとジャズの融合がとにかく感動します!!駆け抜けるリフの嵐がたまらないですね!

オシャレな音楽が聞きたい人にもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?他にもオススメはたくさなるんですが有名なものを選んでみました!!

『これいいよっ!』ってオススメがありましたらコメントくれると幸いです。

 

それでは!!

 

 

 

 

スポンサーリンク