読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターが初心者向けにDTM・宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

生音録音のススメ⑥マイクの種類

録音関係

こんにちは。

録音といえば、やはりマイク選びにはこだわりたいところです。全ての音を完璧に録音できる万能マイクというものは存在せず、録音したい音に合わせた最適なマイク選びが大切になってきます。

今回は、録音といったらコレという存在であるマイクに関して少しお話しさせていただきます。

 

ダイナミックマイクコンデンサーマイク

マイクを選ぶ際にまず知っておきたいのは、マイクには大きく分けるとダイナミックマイクコンデンサーマイクの2種類があるという点です。

どちらかといえばコンデンサーマイクの方が高性能なイメージではありますが、もちろんそれぞれに長所と短所があります。まずは基本中の基本であるダイナミックマイクから説明していきます。

 

ダイナミックマイク

恐らく普段の生活で目にしやすいのはこのダイナミックマイクです。世の中の大半はこのダイナミックマイクに分類されると思います。

ダイナミックマイクの特徴は、シンプルな構造で耐久性に優れ、集音できる周波数帯に関してはコンデンサーマイクに比べれば狭いという点が挙げられます。また、かなり大きな音の録音も可能なので、ドラムなどの打楽器を録音する際には主力になります。

集音できる周波数帯が狭いので、バスドラムやベースの録音に適した低音専用のものや、ボーカルやエレキギターなどの中音域専用のものがあります。

レコーディングは勿論、ライブでもよく使われます。

コンデンサーマイク

こちらはダイナミックマイクとは違いとても広い周波数特性で低音から高音まで幅広く集音できる反面、構造が複雑でデリケートなため保管の際には湿度などに気を使う必要があり、またコンデンサーマイクを使う際にはファンタム電源というものが別途必要になります(ファンタム電源は録音機器には大抵搭載されていますが、一部のチャンネルのみ利用可能なパターン等があります)。

低音もかなり録れるのですが、基本的にはシンバルやピアノ、アコースティックギターなどの高音成分が特に重要な楽器を録音する際によく使われます。ダイナミックマイクでは捉えきれないシャリシャリとした高音域も綺麗に取ることが出来ます。

保管方法にさえ気を使えば低音も高音も録れるんだからコンデンサーマイクさえあれば万事解決、ダイナミックマイクなんて必要ないと思ってしまいそうですが、そんなことはありません。コンデンサーマイクは大き過ぎる音を録るのには適しておらず(最悪壊れます)、また広過ぎる周波数特性ゆえにカブリ(狙った音以外の音も録れてしまう事)もかなりあるのでハウリングを起こしやすく、ライブではほとんど使われることはありません。

ついでにコンデンサーマイクと比べると高価なものが多いです。

 

まとめ

ダイナミックマイク → シンプルで丈夫。録音、ライブ両方でよく使います。

コンデンサーマイク → デリケートな構造。周波数特性が非常に広い。録音用。

 

大体はこんな感じです。マイクに関してはまだまだ書くことがありますのでまたの機会に。

今日はこの辺で!

 

ジャズ風の曲を作る方法!!

ジャズ

こんにちは!!

今日はジャズっぽい曲の作り方というか裏技をご紹介します。ジャズはテンションが多くリズムも難解なのでけっこう作るのに骨が折れます。ただジャズっぽくするだけなら簡単にできる方法がいくつかあるのでシェアしたいと思います。

f:id:takuroq:20170301223351j:plain

1.全てのコードを7thにする。

自分の作った曲のコードを4和音にしましょう。部分的にやるのではなく全部一気に7thを足して行きます。これだけでかなりオシャレになるので、明るい曲ならなんちゃってボサノヴァ、暗い曲ならかっこいいジャズっぽくなります。

2.ジャズっぽい楽器を使う。

当然ですがジャズっぽいアレンジがしたいならジャズで使われる楽器を使いましょう。以下を参考にして下さい。

ウッドベース

エレキではなくアコースティックベースを使います。フレットレスなベースの響きはそれだけでジャズっぽくしてくれるんです。

エレピ

ピアノでもいいですがエレピはジャズのしっとりしたイメージにぴったりです。少し入り組んだスケールを使うとなお効果的です!

ブラシ

ドラムはスティックではなくブラシを使った音色を使います。打ち込みのコツは、跳ねることとゴーストノートを大量に入れることです。

管楽器

メインメロディにサックスやペットをもってきたり、所々で管楽器の和音を挟んで行くと雰囲気がでます。

3.オルタードスケールを使う。

オルタードスケールとは、キーがCの場合、

C♭D♭E♭F ♭G♭A♭B

となる音階です。こういった難しい音階をメロディに加えることで、よりいっそうジャズっぽさが強調されます。

 

音を上昇、下降させる時に半音を挟むのもグッド!!

C→D C→D♭→D

こういった細かい作業も繰り返すことでジャズ風のリリックにつながってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?僕自身ジャズは苦手意識が強いのですが、かっこいいんですよね、ジャズ。

やっぱり好きになるのが得意になる必須条件だと思うので本格的に取り組みたい方はジャズを聴きまくるのが一番かなと思います。

僕も聴きまくるので一緒に極めましょう!笑

次回は僕のおすすめのジャズアーティストなんかものせてみたいと思います☆

それでは☆

生音録音のススメ⑤位相について

録音関係

こんにちは。

今回はマイクをセッティングする上で必ず頭に入れて置きたい、位相に関してお話しさせて頂きます。

 

位相とは?

位相とは、簡単に言えば音の向きです。音はプラス側の振動とマイナス側の振動を繰り返して音として認識されています。そのプラス側の振動とマイナス側の振動を向きの事を位相と言います。

プラス側の振動から始まる音の位相をミキサーやDAW内にあるフェイズスイッチを押して逆にすると、マイナス側の振動から始まる音になります。

逆位相にしたオーディオファイルを元のオーディオファイルと同時に鳴らすと、全くの無音になります。音の振動がプラスマイナスゼロになる訳です。

 

位相のズレは生音録音の大敵

マイクを一本だけ使って録音をする場合には、位相に関しては全く気にする必要はありませんが、2本以上になると話は別です。

複数本のマイクをセッティングして録音をすると、1つの音に対して色々な角度から録音することになり、1つの音に対して様々な位相が生まれてしまいます。綺麗な逆位相ではなくとも少しズレた位相同士が混在すると、互いの音に干渉して音量が下がってしまったり、ひどい場合にはフェイザーがかかったような音になってしまう場合もあります。

ですので、複数のマイクをセッティングする場合には、なるべくマイクの向きを揃えるという事が重要になってきます。

とは言っても、例えばスネアのトップ(表側)とサイド側(裏面)の音を録りたい場合など、どうしても向きを揃えてマイクをセッティングするのが難しい場面がありますので、その場合はフェイズスイッチをオンにして位相を逆にしておくようにしましょう。

 

それでもマイクの数が増えてくるとどうしても微妙な位相のズレの影響で全体の音が濁ってしまいますので、むやみやたらにマイクを増やすのは避けて、必要最低限の本数で録音をするということが大事です。

 

位相に関する小技

クリエイティブな方向で役に立つ知識ではありませんが、位相による音の相殺を利用すれば、カラオケバージョンが存在しない楽曲のカラオケを作ることができたりします(もちろん無理がある場合もあります)。

今の音楽はほぼ100%ステレオデータになっていますので、左右の音は微妙に異なっていますが、ボーカルの音はほとんどの場合、パンは中央に振られて動くことはありません。つまり、左のチャンネルと右のチャンネル両方で、パンが中央に振られた音だけが同じように鳴っているということです。

ということは左か右のチャンネルの位相を逆にして同時にならせば、定位が中央に振られた音だけが消えることになり、ボーカルの音が消える計算になります(パンが中央に振られていればボーカル以外も消えます)。

実際にはボーカルトラックにはステレオのリバーブやディレイがかかっているので100%消すことはまず出来ませんが、曲によっては結構綺麗に消えてくれたりもしますので、実験してみると面白いかもしれません。

 

まとめ

位相に関してはわかりづらい点もありますが、知識として知っておいて損はないです。ボーカルを消す小技を応用して逆にボーカルトラックのみを抜き出せないか色々と試してみたこともあるのですが、さすがにそれは綺麗には抜き出せませんでした。

そんなことはどうでもいいのですが、とりあえず、複数本のマイクをセッティングする際には、少しこの記事を思い出してみてください。

 

それでは!

音楽理論がわからなくても作曲できちゃう裏技!!

作曲入門

こんにちは!
今日は音楽理論を勉強していなくても簡単に曲が作れる方法をご紹介します!

f:id:takuroq:20170301220210j:plain


『勉強はするつもりだけどとりあえずなんか作ってみたい!』って人はぜひお試し下さい☆

1.メロディを考える!
BGMにしろ歌モノにしろ、まず主旋律となるメロディが必要です。音楽理論を勉強していなかったり、楽器が弾けない場合は伴奏から作ることが困難です。まず始めにメロディを考えてしまいましょう!
注意することは、MIDIキーボードを使ってすべて白鍵でメロディを作ることです黒鍵は一切使わずにメロディを考えてみましょう!こうすることで後の伴奏がとても簡単に作れます。

2.コードをつける!
メロディを白鍵で作ったら、理論を勉強せずにコードも簡単に作れちゃいます!
コードを作るルールは以下の3つです。
・同時に3つの音を鳴らす。
・音を一個飛ばしで鳴らす。
・全て白鍵を使う。
これだけ覚えておけばとりあえずOKです。
メジャーとかマイナーとか難しい話はとりあえず無視して下さい!上の3つのルールを守るだけで、自然にセオリーに沿ったコードを作れます。1つずつ確認していきます。

同時に3つの音を鳴らす。
コードは、3和音以上の音を同時に鳴らすことで独特の響きを表現しています。3和音は、スリーコード、トライアドなんて呼び方もされているので、覚えておくと便利です。

音を一個飛ばしで鳴らす。
例えば『ド』を始めに鳴らしたら、残りの2つの音、一個飛ばしに『ミ』と『ソ』をならします。ラがスタートならラ、ド、ミ、ファがスタートならファ、ラ、ドと鳴らします。
f:id:takuroq:20170301220524p:plain
全て白鍵を使う。
メロディと同様に白鍵のみでコードを作って下さい。あとはメロディに合わせて色々なコードを試してみましょう!正解はありませんが、1番しっくり来るのがあなたのセンスです!

3.打楽器を打ち込む。
あとはドラムやパーカッションなど、リズムを刻むものを付けたら完成です!打楽器はリアルな打ち込みを心がけない限り打ち込み方は自由です!始めは好きな様に鳴らしてみましょう!

まとめ
オリジナルソングは作れましたか?こんな方法でコードがあってるのか不思議に思うかもしれませんが
安心して下さい!!はいてあってます!!

少し種明かしをすると、白鍵だけでメロディを作ると、keyがCになります。このkeyCで使えるコードが、白鍵の一個飛ばしになるんです。
もちろんいろいろな例外のコードもたくさんあるので、曲のバリエーションを増やしたい人は、音楽理論を勉強して表現力を付けましょう!!

それでは☆

生音録音のススメ④オンマイクとオフマイクについて

録音関係

こんにちは。

今回は知っているだけで生音録音における音作りの幅がぐっと広がる、オンマイクとオフマイクについてお話しさせて頂きます。

 

オンマイク?オフマイク?

オンマイクやらオフマイクという言葉は普段の生活の中ではあまり出てこない言葉なので馴染みは薄いかと思います。

なるべく録りたい音のすぐ近くにマイクをセッティングする事をオンマイクといい、録りたい音から少し離れた位置にマイクをセッティングする事をオフマイクといいます。

エレキギターの音をラインで録音する際に使うアンプシミュレーターというものには、ほとんどの場合想定するマイクの距離を設定できる機能が搭載されていますので、お持ちの方は実際に設定をいじってみると音の違いが分かりやすいです。

 

録音の基本はオンマイク

録音の基本はオンマイクです。基本的にはマイクを撮りたい音にできるだけ近づけて録音します。そうする事によってより大きい音を入力する事ができるので音質面でもかなりメリットがあります。

また、録りたい音の発生源に近ければ近いほど相対的に壁に反響した跳ね返ってきた音の音量が小さくなり、濁りの少ない純粋な音を録音する事が出来ます。基本的に録音は出ている音をそのままに記録する事を良しとしますので、基本的に特殊な狙いが無い場合にはオンマイクでセッティングしましょう。

 

隠し味のオフマイク

基本がオンマイクなのであればオフマイクはいつ使うのかという話になります。

例えばドラムセットの全ての楽器一つ一つにオンマイクでマイクを立てて録音をしたとすると、それは非常にタイトでクリア、一つ一つの音の輪郭がハッキリとしたメリハリのあるサウンドに仕上がります。勿論それはそれでメチャカッコいいので、全く問題無いです。

ですがジャンルによってはタイトでクリアな音作りではなく、もっとルーズで生々しいサウンドが欲しくなる時もあります。そういった時に大活躍するのがオフマイクなのです。

 

オフマイクは音の発生源からある程度離れた場所にマイクをセッティングするために、オンマイクで録った時にはほとんど気にならないレベルの小ささになっている、部屋の壁に反響して跳ね返ってきた音が非常によく録れるようになります。

この反響音こそが、音の空気感だとか部屋鳴りだとか言われているものの正体です。DAWソフト搭載のリバーブのプリセットにも必ずルームリバーブというものがあるかと思いますが、それはこれの事です。

 

ただ、オフマイクで録った音は単体で使うと非常に素人臭く聴こえる事が多いので、オフマイクの音は必ずオンマイクの音に混ぜるようにして使う事をオススメします。

 

まとめ

基本はオンマイクで録音します。オンマイクの音に少しだけオフマイクの音を加えるだけで、音の臨場感がグッと増します。

ただオフマイクの音のみで録音するのはやめましょう。超素人臭くなります。

 

それでは!

意外と簡単!なんちゃってクラシックを作曲する方法

クラシック

f:id:takuroq:20170207175634j:plain

こんにちは!

今日はクラシック音楽の作り方についてお話します。クラシックは色々な音が別々にメロディを奏でるので作曲に手間がかかる上に難しい印象があります。

さらにはコード進行やスケールといったものとは別の和声という独自の理論を習得しないと作れないという破天荒ぶり!!

今回は専門時代に教わったとある方法を使ってクラシックを簡単に作る作曲法をお伝えします。

理論を無視する!!

ズバリ結果から言わせていただくとコレに尽きます。コード進行や和声、スケール等ややこしくなるので完全に無視します。

クラシックにおけるコード進行

クラシックは楽器ごとにそれぞれ別々のメロディを独立して並べた音楽です。その中で重複する音がハーモニーとなり曲の雰囲気を出します。このハーモニーこそがクラシックにおけるコードです。

このクラシックのコード(ハーモニー)進行を暗記しておこうと考えても、音楽理論とは全く別の作り込み方をしているので、曲ごとにおかしなコード進行ばかり出てきます。

そのためクラシックを理論で攻めようとするとかなりしんどいので止めた方が良いと思います。

逆にクラシックから変わったコード進行を見つけてPOPSなどに利用するのはありだと思います。

やってみるとけっこう楽しいですし新しいモノを作るきっかけになります!!

クラシックにおける和声

和声を覚えておけばクラシックは簡単に作れるようになりますが、クラシック専門の作曲家でない限り必要がないと思います。

全ての曲がクラシックっぽい荘厳な感じになってしまいますし、個人的意見ですが和声を覚えるぐらいなら理論を突き詰めてJAZZで遊ぶ方が断然有意義だと思います。

f:id:takuroq:20170207175946j:plain

フィーリングでいこう!!

さて、『じゃあどうやって作るの?』って話になると思うんですが、フィーリングで作りましょう!!

具体的にご説明します。

1.クラシックっぽいフレーズを作る。

まず、バイオリンなどでクラシック感満載のフレーズを用意して下さい。思いつかなかったらバロック音楽で検索してそれっぽいのをパクリましょう!

2.サブフレーズを作る。

次に、ビオラなど別の楽器を使って全く異なるフレーズを作ります。この時注意しなければならないことは、メインフレーズと音がぶつからない様に配慮すること。

同時に二つ鳴らして不協和音が出たらそこだけmidiをピッといじって違和感をなくします。

3.サブフレーズを4個ぐらい作る。

サブフレーズを『2』の方法で3、4個作ります。だんだんフレーズが思いつかなくなったりかぶってくるので、伸ばす系と動く系に分ける等工夫してバラエティ豊かに作り込んで行きます。

4.ベースを入れる。

ここまでくるとなんとなくコード感が見えて来るので、感性に従って自分が作ったフレーズの固まりにベース音を入れて行きましょう!!

これでだいたいクラシックっぽい曲になって来ると思います。

5.装飾する。

最後にスネアやティンパニ、グロッケンなどで装飾を加えます。派手になったら完成です!!

まとめ

いかがですか?この方法で作曲するとなんとなくクラシック音楽が作れます。興味のある方はぜひ試してみて下さい。けっこう楽しいのでハマります。笑

余談ですが、ハリウッドなどのフルオーケストラを作りたい場合は、音楽理論を駆使してコードから作り込む方が楽です。

今日の手法は、中世音楽などのバリバリクラシックな曲を作りたい時に使ってみて下さい。

それでは!!

 

生音録音のススメ③ドラマー必見!ハンディレコーダーでのドラム録音を侮るべからず

録音関係

こんにちは。

今回はコンパクトなボディで非常に持ち運びがしやすいハンディレコーダーについてご紹介させていただきます。

 

ハンディレコーダーとは

ハンディレコーダーとは以前の記事でご紹介させていただいたリニアPCMレコーダーのボディがよりコンパクトになったものだと思っていただければ間違いないです。

作りとしてはシンプルなものが多く、録音ボタンを押すと録音開始、もう一度押すと録音停止といったような簡単な操作で扱う事ができるものが多いです。

主に楽器や歌の練習用として使われる事が多いです。楽器や歌を演奏している際には一生懸命やればやるほどに自分の演奏を客観的に見る事が出来なくなっているものです。ありきたりな話にはなりますが、練習の際にはハンディレコーダーを使って一度自分の演奏を録音をしてみて、後でじっくりと聴き込んでみるというのが上達の近道になるかもしれません。

 

DTMでの活用法

ハンディレコーダーがDTMをやる上でどう便利かというと、それは生音の録音が非常に手軽で尚且つ高音質で行えるという点に限ると思います。手軽さにおいてはリニアPCMレコーダーを超えています。リニアPCMレコーダーの場合には実際に録音を行うにはマイクとケーブルも別途用意する必要があるのですが、ハンディレコーダーは必ず本体に高品質なマイク(大抵はステレオのコンデンサーマイク)が搭載されていますので、録音に必要な機材はハンディレコーダー本体のみです。

特にアコースティックギターエレキギター、ピアノの録音には適していますので、自分の作った曲のピアノだけ生演奏に差し替えたいといった場合に非常に重宝します。

 

その気になればドラム録れます!

大抵の楽器はマイクが2本あれば良い音で録音する事がきますので、2インのオーディオインターフェースとそれなりのマイクを2本お持ちであればかなりの状況に対応できます。

ただ、かなりの割合で色々な曲に使われる事が多いドラムセットの音だけはマイク2本では良い音で録れません。ドラムセットは色々な楽器の集合体であり、マイクの数が少ないと必ず、セッティング上マイクから離れてしまう太鼓が出てきてしまい、マイクが近くにない太鼓の音だけ霞んだ音になってしまうのです。

ドラムを録音する場合には、最低でも全体の音をトータルで録るコンデンサーマイクを2本と非常に使用頻度の高いバスドラムのスネアドラムにそれぞれ一本づつの計4本は必要だと思います。この場合はタムなどにはマイクは個別で立てられません。あくまで最低限のセッティングの話です。

とにかく、普通にドラムの音を録音しようと思った場合にはPCと4イン以上のインターフェース、それにマイク4本用意するか、おとなしくお金を出してレコーディングスタジオを借りるかのどちらかになります。

 

そこでハンディレコーダーの出番です。

最近はハンディレコーダーの中には本体搭載のステレオコンデンサーマイクとは別にいくつかのマイクインプットを備えているモデルがあります。インプットの数は2つである事が多いです。こういった本体マイクとは別にマイクインプットが搭載されているハンディレコーダーを使えば、他にバスドラム用とスネアドラム用のマイクが必要にはなりますが、ドラムの録音もデモ以上のかなり良い音で録る事がきます。

ドラマーの方は是非一度お試しいただきたい。ドラムの録音は普通は大量の機材をスタジオに持ち込むかレコーディングスタジオを借りるかしか選択肢はありませんが、この場合はハンディレコーダーとマイク2本を用意するだけです。

録った音をDAWソフトに取り込んで上手くミックスすれば、プロのCD音質に見劣りしないデモが作れます。

 

まとめ

僕は実はハンディレコーダーは大好きなのです。僕は荷物がかさ張ったり配線がごちゃごちゃしていたりというのが大嫌いなので、コンパクトな上に電池駆動可能でアダプター等も不要なハンディーレコーダーが一番使いやすいです。

とにかくシンプルに使いやすいレコーダーをお探しの方には是非オススメしたいレコーダーです。

スポンサーリンク