読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターが初心者向けにDTM・宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

シンセサイザー講座③EG(エンベロープジェネレーター)

シンセサイザー

こんにちは。

本日はいよいよ(読んで下さってくる方々としては”いよいよ感”はないかと思いますが…)EGについて説明させて頂きます。

EGことエンベロープジェネレーターはシンセでの音作りの基本中の基本にして、フィルターやレゾナンスと同等以上に触っていて楽しいパラメーターでもあります。EGの知識がないと、そもそも音が出ないなんていうことも普通にあります。

ここはしっかりやっていきましょう!!

 

EGとは

エンベロープジェネレーターとはエンベロープを作る部分のことです。これはさっきググって調べたのですが…エンベロープとは直訳で包絡線のことで、包絡線とは…というのはググって調べてみてください。僕もよく分かりませんでした。シンセのEGを使いこなす上で包絡線がなんなのか厳密に理解する必要はありません。僕が気になって調べてみただけです。すいません。

 

エンベロープとは、鍵盤を押した時のシンセの主要パラメーター(音量、フィルター、音程)の時間的変化の事です。音量、フィルター、音程それぞれにエンベロープが設定でき、音量のエンベロープのことをアンプエンベロープ、フィルターのエンベロープのことをフィルターエンベロープ、音程のエンベロープのことをピッチエンベロープと呼びます。

エンベロープにはアタック、ディケイ、サスティーン、リリースという4つのパラメータがあり、それぞれの頭文字をとってこれをADSRと呼んだりします。シンセの筐体にはADSRと表記されていることが多いです。

それでは早速ADSRそれぞれについて説明します。尚、下記の説明は一番分かりやすいアンプエンベロープでの働きについて書いています。

 

アタック

アタックは鍵盤を押してから完全に音が立ち上がるまでの時間を決めるパラメーターです。これを最速で設定すると鍵盤を押して直ぐに音が立ち上がり、遅く設定するとゆっくりと立ち上がります。

シンセによっては最速で設定すると鍵盤を押した時にプチっという音がすることもあります。気になる場合は最速より少しだけ遅くすると消えるので覚えておきましょう。

 

サスティーン

順番としては次にディケイの説明をするのが美しいですが、先にサスティーンの説明をします。

サスティーンとは鍵盤を押している間に伸びている音の音量を設定するパラメーターです。ADSRのサスティーン以外のパラメーターは全て時間を設定するパラメーターですが、このサスティーンだけは数値を設定するパラメーターとなります。

例えばサスティーンを最大に設定すると、鍵盤を押している間アタックで立ち上がった音の音量そのままに音が伸びていきます。

ピアノやギターのように音が徐々に減衰していってやがては消えていく音を作る場合にはサスティーンは最小値に設定しましょう。そうしないと音が永遠に伸びてしまいます。

 

ディケイ

ディケイとは、アタックで立ち上がった音がサスティーンで設定した音量になるまでの時間を設定するパラメーターです。

ピアノやギターなどの音を作る際にはこのディケイで設定した時間が、その音が伸びる時間になります(サスティーンを最小値に設定している場合、ディケイの時間=音が消えるまでの時間となるため)。

 

リリース

リリースは簡単で、鍵盤を離してから音がどの程度伸びるかを設定するパラメーターです。まあ説明不要かとは思いますが、長くすると押した鍵盤を直ぐに離したとしても音は設定した時間だけ伸びます。

これもアタックと同様最短に設定するとプチッとなることがあります。

 

まとめ

ADSRそれぞれの説明ではアンプエンベロープについての説明になりましたが、アンプエンベロープはそこまで作り込むということは少なく、直ぐに決まることが多いです。逆にアンプエンベロープが直ぐに決まらないというなら、ADSRに対する理解が浅いと言えます。

僕がシンセのパラメータで触っていて一番楽しく、そして悩ましいのはフィルターエンベロープです。シーケンスフレーズを鳴らしながらフィルターエンベロープのディケイを弄っている時間なんかは至福の時間ですよ、ハイ。

ピッチエンベロープは…あまり使うことはないのですが、覚えてはおきましょう。飛び道具的な音作りをする時に部分的に使うとかなり効果的です。ついでにピッチエンベロープは搭載されていないシンセもあります。

 

長くなってしまいましたが、EGに関してはこんなもんです。次回はLFO(ローフリーケンシーオシレーター)について書きます。

 

それでは!

 

 

 

 

ケルト系音楽の簡単な作曲方法②〜作曲編〜

前回に引き続きケルト音楽の簡単な作曲法をご紹介します。

ケルト音楽の種類

f:id:takuroq:20170325094801j:plain

ケルトは主に西ヨーロッパにいたとされるケルト人の伝承音楽ですが、ジャンルの幅が広いだけでなくそもそもケルト人がもともとどこにいたのか謎な部分もあるので、実際にどんな音楽があるのかをご紹介します。

1.勇ましい系

youtu.be

戦いを連想させるかっこいい曲調の音楽です。フルオーケストラでケルト音階を使うとこんな感じになります。フィドルをメインメロディに、伴奏はギターでジャカジャカ鳴らすのもありです。基本クサメロ一本で作ってみましょう!

2.陽気系

youtu.be

飲み屋さんで演奏してそうな音楽です。アイリッシュパブなどのカフェに行くとたいていこんな曲が流れています。フィドル、フルート、ギター、バウロンなどの打楽器編成が一般的です。手拍子や足踏みなどの音をリズム楽器に加えるとかなりそれっぽくなります!田舎の雰囲気を出したい時なんかにもおすすめです。

3.癒し系 

youtu.be

ケルト音楽特有の神々しいイメージを前面に押し出したジャンルです。ファンタジックなヒーリングミュージックと捉えてもいいと思います。メインメロディは女性ボーカルが歌うことが多いですね。ケルト音階で落ち着いた音楽を作るとそれっぽくなります。

ケルト音階のスケール

ケルト音楽らしい曲を作るなら、ドリアンスケールを多用するようにします。ドリアンスケールは、白鍵のみでレミファソラシドレと弾いた時の音階です。実際に弾いてみると分かるんですが、第6音のシの音がそれっぽく聞こえる要因になることがわかります。メジャースケールと混合しない様にシの音を多用したり、ドからメロディを始めないように注意しましょう。

ケルト音階のコード進行

ケルト音楽のコード進行は分かりづらいとよく聞きますが、ドリアンスケールを基準にダイアトニックを弾けばそれっぽくなります。例えばレから始まるドリアンスケールの場合、白鍵のみなのでメジャーダイアトニックと混合しがちですが、ドリアンスケールの場合ⅠはCではなくDです。この点に注意してコード進行を作れば上手くいきます。

また、ギターが弾ける人はDADGADチューニングで弾くのもおすすめです!DADGADチューニングは弾きやすいだけでなく常にsus4の響きが得られる魔法のチューニングです。そしてsus4の響きはケルト民族音楽ととても相性がいいです。

長くなってしまったので次回ミックスについて書かせていただきます。

 

 

シンセサイザー講座②オシレーターとフィルター

シンセサイザー

こんにちは。

前回のシンセ講座ではシンセの種類に関してザックリとご紹介いたしました。

その流れでアナログシンセとPCMシンセの違いについてもう少し詳しく書きたいところですが、その前にシンセの基本的な音作りの流れを説明させていただく必要がありそうです。

今回はシンセの音作りの要であるオシレーターとフィルターについて書きたいと思います。

 

オシレーター

シンセサイザーの音の元となっているのはオシレーターと呼ばれるものです。このオシレーターの音を削ったりやらなんやらしていって音作りをしていきます。基本的には元の音をフィルターで丸くしたりEGで音の減衰を早めたりと引き算の処理をしていく事から、これらのシンセは減算式シンセと呼ばれている訳です。

アナログシンセサイザーの場合は正弦波や三角波矩形波といった単純な波形がオシレーターとなり、PCMシンセサイザーの場合はPCM(オーディオサンプル、オーディオデータのこと)がオシレーターとなります。

 

フィルター

フィルターの役割は、シンセを使ったことがない人でもなんとなく分かるかもしれません。つまみを回すと音がモコモコするアレです。DJが使うミキサーにも搭載されています。

フィルターにはローパスフィルターとハイパスフィルターの二つがあり、ローパスフィルター(低音を通すフィルター)がモコモコするやつ、ハイパスフィルター(高音を通すフィルター)がシャキシャキするやつ、と覚えておけば大丈夫です。

一般的に使われるのはほとんどがローパスフィルターです。

 

またフィルターにはレゾナンスというツマミが併せて搭載されています。レゾナンスとはフィルターでカットした帯域付近を逆に強調(ブースト)することで音にクセをつけるツマミですが、言葉で説明されてもイマイチピンと来ないとは思います。これは実際にツマミを回してみればすぐに分かります。

なぜそんなツマミを作ろうと思ったのかは僕も疑問ですが、これがシンセの音作りにおいては超重要なツマミです。最初にフィルターでカットした付近の帯域をブーストしようと思った人は偉大です。

 

まとめ

今回はシンセの音作りの要となるオシレーターとフィルターに関してご紹介しました。次回のシンセ講座ではEG(エンベロープジェネレーター)について書こうと思っています。エンベロープは非常に奥が深いですが難しいことはありませんし、シンセでの音作りの面白い部分でもあります。ゆっくり理解していきましょう!

ケルト系民族音楽の簡単な作曲方法①〜楽器編〜

民族音楽

ケルト民族音楽をご存知ですか?ケルト音楽は主に北欧の国々で昔からある音楽ジャンルの1つです。とはいってもお国柄によって暗いものや勇ましいもの、陽気なものまで種類は様々です。日本ではロールプレイングゲームのBGMとして馴染みが深いため人気が高かったりします。本日はケルト系ミュージックの簡単な作り方をご紹介します。

ケルトで使われる音源

1.アイリッシュハープ

ベイビーハープ スプルース(12弦) Roosebeck社【並行輸入】

アイリッシュハープは体で抱え込めるほど小さなハープです。通常のハープよりはやや硬めの音がしますが、音源をお持ちでない方は普通にハープを使ってもオーケーです。主にアルペジオでの伴奏やイントロなどのメインメロディを弾いたりします。基本的に伴奏はピアノではなくハープを使うと雰囲気が出るのでケルトを作るならマストアイテムです!

2.ティンホイッスル

CLARKE THE ORIGINAL TIN WHISTLE Key:D

ティンホイッスルはアイルランド発祥の縦笛です。フルートなどと比べるとフカシの要素がほとんどなく、輪郭がとてもはっきりした音になります。アタック音が強いので、速い音さばきをしたり、フィドルとメロディを一緒に吹いたりします。高音域が足りない、もしくはメロディをもっと目立たせたい時に使うといいです。

3.フィドル

バイオリン,SODIAL(R) 4/4フルサイズ ナチュラルアコースティックバイオリンフィドル ケースボウロジン付き

フィドルはバイオリンです。クラシックではバイオリンと呼ぶものをアイリッシュ音楽ではフィドルと呼びます。こちらも速いパッセージでメロディをかなでることが多いです。クラシックとの大きな違いはあまりビブラートをかけないこと。ちなみに余談ですがフィドル奏者は酒を飲みながらほとんどアドリブで弾きます。バイオリン奏者は演奏が終わってから飲みます。笑

フィドルは専用のプラグインを買わない限りほぼ音源がありません。バイオリンのスタッカート音源を利用してそれっぽくしてみましょう。スライド奏法を多用するので、細かくピッチベンドを設定すればよりリアルな音になります。

4.バグパイプ

ハイランド・バグパイプ PLAIN

バグパイプは唯一無二の音なので聞けば分かると思います。打ち込みのポイントは持続音です。低域は常になってるぐらい持続しているので思いっきり伸ばしましょう。明るい曲でかなり重宝できる音色です。常に鳴っててもいいですが、転調したり盛り上がる時にバグパイプを足すとかっこいい効果が得られます。

5.バウロン

Waltons ボーランスターターパック ブラウン WM1900-418BR

アイルランドの打楽器です。小さなタンバリンの様なものを手首のスナップを効かせて鳴らします。単体で聞くと民族らしい音ですが、正直言ってミックスがかなり難しいです。音を重ねるほど聞こえづらくなるので、僕はリズム楽器のメインとしてはあまり使ったことがありません。

まとめ

だいたいこれらの音色を使うとそれっぽくなります。ただし、普通のポップスっぽい曲を作っても上手くいかないので、次回スケールなどを使ってケルト独特の雰囲気を作る作曲法をご紹介します。

 

シンセサイザー講座①シンセの種類

シンセサイザー

こんにちは。

最近はあまり宅録と関係ないことばかり書いていたので、ぼちぼち真面目にシンセサイザーについてでも書いていきたいと思います。

今日はシンセサイザーの種類について書きます。

 

シンセサイザーとキーボードの違いは?

シンセサイザーとは、手短に説明すると幅広い音作りが出来るキーボードです。

以前ではキーボードと呼ばれていた様なものでもシンセサイザーと呼ばれていたり、その辺の区別は曖昧になっています。キーボードって死後なんでは?と思ったりする今日この頃です。

センターブロックが無いセミアコが存在するが如し、蛾の様に壁にとまる蝶がいるが如し、キーボードとシンセサイザーの区別というのも、まあ有って無い様なものです。

 

シンセサイザーの種類

減算式シンセサイザー

シンセサイザーの種類は非常に沢山あるので、ざっくりと説明していきます。

まずは減算式シンセサイザーと言われるものについてです。小難しそうな名前が付いていますが、こういう名前で呼ばれることはほぼ無いです。所謂、普通のシンセサイザーの事です。

減算式シンセサイザーとは、オシレーターと呼ばれる元の波形をフィルターやEG(エンベロープジェネレーター)等を使って削るやらなんやらして音を変えていくシンセサイザーです。基本的には世のシンセサイザーは大体コレです。

減算式の中には、最も基本的なアナログシンセサイザーや、そのアナログシンセサイザーをデジタルで再現したVAシンセサイザー(ヴァーチャルアナログシンセサイザーの略、アナログモデリングシンセサイザーなど色々と呼び方があります)、そしてPCMシンセサイザーという生楽器の音を出すことができるシンセサイザーもあります(こいつについては書き始めるとややこしくなるのでまた別の記事で書きます)。

モジュラーシンセってのもあります。アナログシンセの仲間で(というか昔はモジュラーが多かった様です)オシレーターやフィルターなどの各モジュールをパッチケーブルで接続するシンセサイザーです。僕は使ったことはないです。

 

その他のシンセサイザー

減算式シンセ以外のシンセというと真っ先に思い浮かぶのは、ヤマハDX7で有名なFMシンセサイザーです。FMシンセには超代表的な音色がいくつかあり、その音色以外を使うことというのは殆どないイメージです。自分で1から音を作ることも勿論できますが、結果が予測しづらく、正直な話FMシンセでの音作りはレバガチャでしかない感はあります。

最近ヤマハから小型版DX7の様な機種が出ていたり、モンタージュというかなり本格的なFMシンセ(こちらはうろ覚えですが、確かFMシンセでした。どうやら凄いらしいっす)が発売されていますので、もしかしたら今アツいのはFMシンセなのかもしれません。知らんけど。

 

あとは広い意味だとオルガンもシンセサイザーになるみたいです。オルガンは元の音に倍音を足していって音作りをするシンセなので、減算式とは対照的に加算式シンセサイザーと呼ばれているみたいです。オルガンの他に加算式シンセがあるかどうかは知りません。

 

まとめ

今日はとりあえずここまでです。シンセに関しては色々と書けそうなので少しの間はシンセ関係の記事を書いていきたいと思っています。

 

それでは!

オーケストラの作曲を上達させる方法

クラシック

普通のポップソングなら10トラックぐらいで済むものの、オーケストラの曲は30〜100トラックという膨大な量を作り込んでいきます。 

なかなか手が出しづらいジャンルではありますが、オーケストレーションは難しい反面、いろいろな音色を組み合わせて音色を作ることができる楽しさがあります。

今日は初心者の方向けに、オーケストラの作曲を上達させる方法をご紹介致します。

1.フルスコアを眺めてみる。

自分の好きな曲でかまいません、一度フルオーケストラのスコアを眺めてみましょう。『いろんなところで同じフレーズが出てくるなー』とか、『この勇ましい音はバイオリンとホルンをユニゾンで鳴らしてるのかー』なんて気づきがたくさんあって面白いです。ただボーッと見るのではなく、自分がオーケストラを作るネタ探しと思って眺めて見るのがおすすめです。

ちなみに僕は映画のオケサウンドが大好きなので『STAR WARS』のスコアをずっと参考にしてました。1番『これはすげーっ!』って思ったことは、イントロでものすごい爆発的に盛り上がるのに、アクセントが裏拍になっていたことです。いきなりドカーンと盛り上げたかったら`普通アクセントは頭につけますよね?あの曲は後ろについてるんです!(動画の58秒ぐらい↓)

youtu.be

ほんとにいろんな驚きがあるのでぜひ好きな曲で試してみてください。実際に僕は自分の曲に盛り込むことでかなり上達しました。

2.同じフレーズで1曲仕上げる。

オーケストラって実は同じテーマを繰り返しいろんな形で表現していることが多いです。テーマはメロディが主流ですが、ターミネーターの『ダダンダンダダン!!』みたいなリズムだけのものも立派なテーマです。

そして、この手法で曲を作ることはオーケストレーションを上達させるのにとても便利です。短いテーマを一つ決めて、それを繰り返すことで1曲仕上げるため、いろんな変化をつけていかないと一曲もちません。同じテーマでも音色を変えてみたり、コード進行を変えてみたりすることで試行錯誤しながら1曲に仕上げて行きます。これを練習することで、驚くほどオーケストラの表現力がつきます。

メロディは基本スケールを外れなければ如何様にも化けることができるので、同じフレーズで喜怒哀楽を表現してみましょう!

終わりに

とにかくオーケストラは楽器が多いので、上の2つの練習で引き出しを増やして行きましょう。明確な決まりはありませんが、『こうすればこういう音が作れる』という先人の知恵を借りない手はありません。

また、オーケストラはなるべく高価なプラグインを使うことをおすすめします。リアルな音をサンプリングした音で作る方が100倍楽しいです!自分の曲に圧倒されることができます。効果といっても3万を超えればだいぶソフト音源よりリアルになります。一応おすすめを貼っておきますのでご参考にしてみて下さい。

 

 それでは!

 

 

 

ギターのボディ材のよる音の違いについて

録音関係

こんにちは。

本日はDTMとはあまり関わりがありませんが、ギターのボディー材による音の違いや、それと似た様な事柄について書きたいと思います。

 

楽器の材質等による音の違いについて

高級な楽器になればなるほど、どこ産のなんとかという珍しい木材や、長い年月をかけて乾燥させた木材等が使われているという様なことが多いですが、珍しく高級な木材が楽器のボディー材として適しているという訳ではありませんし、僕から言わせればそもそも木材の種類によって音が変わるという事すら主観的に判断する事しか出来ない事柄なので(人間が全く同じ演奏を二度する事は出来ない事や、耳は同じ音を聞き続けると段々と聞こえ方が変わってくる事、同じ型番のギターであっても個体差がある事etc...)、その違いに気付く事が出来る(もしくは気づいた様な気がする)のはそう言っている本人だけです。

木材によって全く音が変わらないとは僕も思っていません。ちょっとは変わるでしょう。でも気にするレベルではないと僕は思います。100万円のギターやらビンテージギターやら色々と弾かせてもらった事がありますが、心の中で僕は「お前これに何十万も出したん?」といつも思っていました。

 

木材以外にも色々とある

木材以外にも音質を左右するとされるものは沢山あります。

エレキギターエレアコであればケーブルによって音が全然違うという人もいれば、ピュアオーディオ界隈ではケーブルで何十万円とかいうのもあるそうです。

フルートの先っちょにつけると音が変わるとかいう魔法のアイテムもあります(僕はフルートは吹けないのでこれは本当に変わるのかも知れません。つけてる人曰く「最初は疑っていたがマジで変わる」そうです。)

音楽をやっている人たちには、こういった違いの分かる人間が多いみたいですね、凄いです^ー^

 

精神論的な話

このケーブルだと音が前に出てくる、ホンジュラスマホガニーは音に暖かみがある、フェンダーUSAは音が暴れる(音が前に出てくるってのもヤバいが、これにはマジで笑った。意味が分からん)、年末は東京電力が電力を下げるから音質が下がる等色々ありますが、そんなん気にしてる暇あったら練習したら?って僕はいつも思っています。大抵下手くそだからなそういうやつ。

演奏が上手かったら安い楽器だろうがなんだろうが良い音で鳴らすもんです。

 

まとめ

結論から言うと、僕は楽器を値段でした判断出来ない連中が大嫌いなのです(笑)高級な楽器に憧れる気持ちは分からないでも無いですが、余裕のない人間が無理して買うほどの実用性があるものではないです。金が有り余っている人間は好きにしてください。

とはいえ格安の楽器にはゴミの様なものが多いのも事実なので、もしこれから楽器を買おうと言う場合には「最初だから…」と一番安いものを買うのはオススメしません。それ多分ゴミです。

エレキギターやベースの話になりますが、個人的には10万円前後の国産の楽器がオススメです。耐久性や演奏性、仕上げの丁寧さなど全くもって申し分ないです。ちなみに海外大手メーカーのその辺の価格帯のものはクソなのでやめましょう。

 

……それでは!

スポンサーリンク