DTM・宅録で始める音楽ライフ。

現役の音楽クリエイターがDTMや宅録の基礎や作曲方法を紹介するブログ

オーディオストックに60曲一気に応募してみた

f:id:takuroq:20170831001843p:plain

自分の曲をお金に変える際に最近大人気のサイトがオーディオストックです。僕自身手を出していなかったので実際に登録してみました。

オーディオストックとは

オーディオストックはクレオフーガという会社の運営するストック型の音楽販売会社です。

僕が学生の頃はクレオフーガが作曲コンテストをいっぱいやっていた時期で、よく賞金目指して応募してたりしました。

オーディオストックの概要なんですが、まずクリエイターさんには登録料などの料金は一切発生しません。

自分で作った曲に値段をつけて登録するだけで曲の販売をおまかせできるシステムになっています。

実際に売れた場合、半分以上はオーディオストックにもっていかれます。残りの4割ぐらいが収入になる感じです。

正直『4割だけってひどいな』と思ったんですが、勝手に収入が入るならいいなあと思って曲を登録してみました。

ただし登録には審査があり、ここを通過できれば晴れて販売開始です。

ちなみに値段ですが、効果音は500円、BGMなどの曲は2000円か3000円ぐらいで設定できます。

形式は全て44.1のWAVデータです。ちなみに以前はMP3で販売していたそうです。なぜに???

実際に曲を登録してみる

とりあえず使っていない曲をパソコンの中から洗いざらい引っ張り出したところ、効果音含めて60曲分ぐらいありました。けっこうあるもんです。かなりクオリティーに問題があるものもけっこうありましたが、『とりあえず審査に出してやれーい』と思い一気に60曲を投下!!

しようと思ったら最初は5曲までしか登録できないと言われてしまいました。

一週間ぐらい経つと『無制限で販売していいよ!』ってメールが届いたのでここでやっと60曲投下!!

普通に丸2日ぐらいかかりました。。

(ちなみに販売数に関しては人によって待遇が異なるようです。5→10→50みたいな感じで徐々に販売数が増えたり、売れたら販売数が増やせます、みたいな対応を受ける人もいるようです。なので最初に出す曲は気合を入れた方がいいかもしれません。僕は最初の5つは本当に自信があるものだけ厳選して出したので運がよかったのかもしれないです。)

とりあえずだいたい一週間前後で審査が終わるとの記載があったので待ってみることに。

結局のところ全ての審査が終わるのにほぼ1ヶ月かかりました。さすがに60曲は多すぎたかもしれないです。

ごめんなさい。

長くなったので結果については別記事でまとめたいと思います。

スポンサーリンク